ニキビができないように日々生きしした食生活などを行っている人も多いはずです。しかしながら、たとえニキビの数が減ってきたとしても、徐々にニキビ後に悩む人もいるはずです。人は血管からオイルと言われているように、年令を重ねることで、徐々に皮膚に異錠が起こってしまうものです。
これは血管が全身に酸素と栄養を送る大事なパイプラインであり、血液の流れに対して異錠をきたすことで、皮膚に以上が起こってしまいます。

年齢とともに動脈硬化などが進行することで、ニキビ跡だけでなく、シミやシワ、脳梗塞、心筋梗塞につながってしまいます。

これが老化の怖い所です。では、血管年齢を若く保つにはどうしたら良いのか。それには食生活、運動など、健康な生活習慣い改善して行くことが重要になります。まず、食生活では肉類や油っこいものを食べすぎないことが重要。けっして食べることが悪いことではありません。ただし、毎日のように食べすぎることで、脂肪分が原因で、コレステロール値が高くなります。

コレステロールは肝臓で代謝され、血管内で溜まることでLDLコレステロール値が高くなることで、血管内の壁に以上を着たしてしまいます。

これは肉類だけでなく、バターやチーズなどの乳製品も同じことです。そのために、普段の食生活で、過剰に食べすぎることには注意したいこと。

同じ脂分でも、不飽和脂肪酸である魚介類では、脂肪分がたまりにくいことがわかっているために、できることなら毎日の食生活の中で魚を取り入れたいところ。意識して魚を食べることで、血液の流れが良くなるために、シミやシワの予防や健康などにつながります。